【教育費】子供の話

都立入試の仕組みが特殊すぎ。換算内申とは?攻略法は?

コツコツ投資と優待大好きましろ(@summers55370474) です。

最近、教育関係の投稿が続きます。

ましろ家は夫婦ともに地方出身、公立が強い地域で育ってきました。

なので、東京に住んで、まずは、中学受験率の高さにびっくり!

ましろ
ましろ
中学受験って、お坊ちゃまお嬢ちゃまのお家の人しかしなかったイメージ

また、都立(公立)の入試の仕組みも複雑すぎて、何なんw(藤井風さん)って感じでした。

都立なのに推薦がある

私の地元では、私立1校 公立1校を受験して、公立に合格したら公立に行く子が多かった。

しかし、都立は「推薦」があります。

ましろ
ましろ
文化・スポーツ特別推薦だけでなく、一般推薦というもの
らいくん
らいくん
部活等で特別成果が出た子以外の、いわゆる一般的な子も一般推薦が受験可能なんだね。

なので、一般推薦も希望すると、都立(一般推薦)、私立(受験日も分散しているので、2高校以上受験することも可能)、都立(一般入試) と都立高校だけで、2回チャンスがあることになります。

ましろ
ましろ
私立も複数受験すれば、それだけ受験機会は広がるね!

 

一般推薦について

推薦枠・・・おおむね全体の募集定員中の10~20%

中学校長の推薦が必要。

合格したら、必ず入学しなければならない。

自己PRカードを提出。(面接や合否判定の資料となる)

選考時期・・・1月末

選考方法・・・調査書、面接(集団討論&個人討論)、小論文

これらを点数化し、合計して総合成績の上位から合格します。

※コロナ禍になり、面接は集団討論はなくなって、個別面接だけでした。

らいくん
らいくん
だから、討論ではなかなか発言できない子にもチャンス到来!

中学校の推薦が必要なので、いわゆる内申がある程度ある子、遅刻欠席が少ない子、提出物をきちんと提出していた子、中学で生徒会や委員・部活等を頑張った子は推薦がもらえます。

特別問題がなく、ある程度学力に合ったところを希望すれば、推薦はもらえました。

ただし、一般推薦は定員が少なく、倍率がものすごく高いので、受かればラッキー♪ぐらいのイメージです。

学校の先生には、最初の進路面談で、推薦は希望すればもらえるけれど、一般入試にはない「小論文」や「面接」対策も別途必要になるし、落ちた場合、私立受験日程も迫っているので、メンタルが落ちてしまう子はおすすめしないと言われました。

わが子の特性も踏まえて、受験計画は立てたほうがいいかも。

都立は内申が重要!「換算内申」がさらに重要

選考時期・・・2月下旬。

選考方法・・・学力検査7:内申3 で総合得点が出されます。

ましろ
ましろ
内申3割って結構重要だよね

学力検査 5教科500点満点をを700点換算で点数化

内申 中学の成績(3年2学期)を換算内申で300点換算で点数化

学力検査+内申=総合得点で合否判定

換算内申とは?

9教科45点満点の評定は、5科の評定を1倍、音楽・美術・保体・技術家庭の4科の評定を2倍として、合計65点満点とします。

さらに、それを300点満点に換算します。

【具体例】

国5+社4+数4+理3+英4=20

(音3+美4+保体5+技家3)×2=30

20+30=50  換算内申は50

50×300÷65=約230  調査書点は230点となる

ましろ
ましろ
換算内申、難しいよ!

当日の学力検査の結果が重要なのは言うまでもないですが、内申点の比率も侮れません。

ましろ
ましろ
私の時代(いつの時代?)は内申とかなかったなぁ。入試一発勝負だったよ。

内申点を上げるには?

内申点は3年生2学期の成績で決まります。

ただ、3年生の2学期に成績が爆上がりすることはないので、通常の学校生活も重要です。

■遅刻欠席をしない

■提出物はきちんと出す

■定期テストを頑張る

■英検とか漢検とか受験して資格持ちになる(できるなら)

は当たり前ですね。

さらに、頑張れるなら、実技教科を頑張るよう伝えました。

実技の成績が+1上がれば、換算内申は+です

共通問題対策、そして自校作対策方法

都立は、5教科はマークシート式の共通問題です。

ただし、進学指導重点校と進学重視型単位制校では、英・数・国は自校作成問題、理・社は共通問題を使用しています。

進学指導重点校・・・日比谷・戸山・青山・西・八王子東・立川・国立

進学重視型単位制・・・新宿・墨田川・国分寺

※国際高校・・・英語のみ自校作成問題を使用

通常の対策としては、「Vもぎ」を受験していくことで、自分の偏差値や都立入試問題の傾向と対策がわかります。

自校作高校受験希望の場合は、自校作用のVもぎがあります。

塾に通っている子は塾経由で申し込み、塾に通っていない子は、個人で申し込み可能です。

Vもぎは年間複数回開催されており、受験が近くなるにつれて総受験者数が増えるので、より合否判定の精度が高まります。

Vもぎの結果は、偏差値や合否判定だけではなく、どこの問題を間違っていたか、この問題は解けたはず(=だから要復習)、この問題は正解率が全体に低かった(=難問)、という細かい内容までフィードバックされるので、内容を確認し、解きなおしすることで力になります。

親ができることは少ないけど、受験情報を細かく調べて伝えてあげたり、美味しいごはんを作ったりすることなのかな~?

ついつい口を出してしまいます(反省)。

教育費をしっかり準備することも親の役目ですね。

私ができるのは、しっかり働いて、コツコツ投資を頑張っていくこと!

クリック応援していただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 女性投資家へ
にほんブログ村


女性投資家ランキング

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!