【貯める】節約いろいろ

クオカードの使い方

アラフォー主婦ましろ(@summers55370474) です。

株主優待が続々と到着する季節ですが、その中でも一番多い株主優待がクオカード。

額面金額まで1円単位で何度も使えます。

また、額面以上は残りを現金などで支払うことも可能です。

クオカードの使い方を調べてみました。

クオカード利用可能な店

コンビニ

クオカードといえば、コンビニ!

セブン、ファミリーマート、ローソン、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、 スリーエイト、リーベンハウス

身近なコンビニならだいたいどこでも使えます。

有人レジで支払いの時にクオカードを出すだけ。

ドラッグストア

マツモトキヨシ マツキヨには米やカップ麺、菓子パンやお菓子など食品系、冷凍食品系、お酒なども取り扱っています。

「薬局で購入するのは薬と消耗品だけ」というのはもう古い時代ですね。

ファミリーレストラン・カフェ

デニーズ・上島珈琲店

ファミレスはデニーズのみ。案外少ないですね。

ガソリンスタンド

ENEOS JA-SS

ガソリン給油にクオカードが使えるなんて!

本屋

ジュンク堂書店、丸善、紀伊国屋書店、有隣堂、文教堂、三省堂書店、ブックファースト、リブロ、大垣書店

本も「値引き」という概念がないものなので、クオカードを利用しできるのは嬉しい。

音楽・映像・書籍専門店

HMV HMV&BOOKS

ホームセンター・トイショップ

ホームアシスト 博品館

クオカード利用の注意点

上記で上げた店も全部の店舗で使えるわけではなく、一部店舗では利用できない場合もあります。

クオカードには有効期限はありません。

おつりは出ませんが、残高が0になるまで何度も使えます。

公共料金、プリカ、印紙、切手、たばこ、チケットなどはクオカード利用対象外です。

クオカードを使うメリット

一番のメリットは、クオカードを利用することで、日常生活必需品を購入できること。

優待でまかなえれば、生活費の節約にもつながります。

また、賞味期限がないので、急いで消費する必要もありません。

価値は変わらないので、何かあったときのために持っておくというのもOKです。

クオカードは換金可能

使えるお店も多いけれど、やっぱり現金派!という方は、クオカードを換金できます。

チケット買取屋で90~95%ぐらいで買い取りしてくれるようです。

ただし、現金化することで、少し割引されてしまうので、できれば使えるお店で使ったほうがいいかな。と思っています。

我が家は、使い切れないかもと心配するほどクオカードは来てないです。

私一人で十分使い切ってしまっています(笑)